忍者ブログ

[PR]

2018年02月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仙台国際交流協会HPがウイルス感染

2010年03月03日
(財)仙台国際交流協会のホームページ(http://www.sira.or.jp)がGumblar(ガンブラー)にやられたらしい。
仙台市は同サイトの閉鎖に伴い、同サイトへの不正アクセス・改ざんについて、というプレスリリースを同市サイトに掲載。同協会サイトの利用者が、ウイルス感染した可能性を否定できない、と警告している。

状況については、

http://www.city.sendai.jp/soumu/kouhou/houdou/10/0120sira.html

の通り。

詳細は割愛するが、Gumblarは、感染サイト利用者の端末にウイルスをばら撒く。最悪な場合、クレジットカードの情報等も奪われる。ネットショッピング等で、クレジットカード情報を入力したりしていれば、のことだが、利用者がパソコンに入力した情報、保存しているデータがネット上に流出することになる。

だが、Gumblar以上に恐ろしいと感じるのは、奥山市政の対応姿勢だ。
同市のHPをよくよく読み込んでいくと、

「仙台市ホームページに掲載されている情報の正確さには万全を期していますが、利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、仙台市はいかなる責任も負いません。」
「利用者が仙台市ホームページにアクセスしたために被った損害、損失について、仙台市はいかなる責任も負いません。」

「仙台市以外の第三者が管理しているウエブサイトに関しては、仙台市ホームページからのリンクを通してアクセスできるものであっても、そのウエブサイトをご利用になったために被った損害、損失について、仙台市はいかなる責任も負いません。」

仙台市ホームページから、仙台市以外の第三者が管理しているウエブサイトにリンクを設定している場合がありますが、仙台市は便宜のためにリンクを設定しているものであり、リンク先のウエブサイトを推奨しているわけではありません。
「仙台市ホームページに掲載している個々の情報(文章、写真、イラストなど)は、著作権の対象となっています。また、仙台市ホームページ全体も編集著作物として著作権の対象となっており、ともに著作権法により保護されています。」

「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、無断で複製・転用することはできません。


権利と義務は表裏一体であるべきもの。しかし、仙台市は、著作権という権利は主張するが、利用者対する責任の義務は負わないという。
無責任にもほどがあるのではないか。



(財)仙台国際交流協会総務課 022-265-2211
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: