忍者ブログ

[PR]

2018年02月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仙台市長選 候補者の顔ぶれ

2009年07月14日
自称「変人」の佐藤たかひろ候補は、果たして本当に変人なのでしょうか?
愛用品の写真だと思われる、エルメスのオーストリッチと思しき財布?手帳?名刺入れ?が載っています。

http://www.dreamgate.gr.jp/feature/inteview/bestlife/85/gallery/index.html

http://www.dreamgate.gr.jp/feature/inteview/bestlife/85/gallery/ph08.html

障害者の斡旋で売り上げ数億円を稼ぎ出していますから、庶民には手の出せない高級品を所有されていて当然とは思いますが、高級ブランドのエルメスをお持ちになるくらいなので、変人と言うよりもセレブ?といった印象です。

変人と言えば、政治家の代表格は、小泉純一郎元首相ですが、その辺を意識されての言動かと思ったら、坂本龍馬に感化されているとのこと。
ひょっとしたら、仙台を変えてくれる本物の変人なのかもしれません。変わり身の早い人間に比べたら、こだわりを持った変人の方が、まだ期待できます。

満を持して出馬に踏み切った元副市長の岩崎恵美子候補は、出馬表明で、「タクシー券問題は仙台市役所に古くから存在していた」と明言したようですが、一方の奥山恵美子候補は、同じ副市長でありながら、早々と出馬を表明。自らも運営に関わってきた市政を自ら批判しています。あたかもトップだけが、悪かったのだ、というような言い回しには、違和感があります。副市長の職すらも途中で投げ出してしまうようでは、自らの責任というものが見えていないのではないでしょうか。

柳橋邦彦、渡辺博両候補は、その点、可もなく不可もなくと、無難なところでしょうか。幸福実現党の椿原慎一候補は、いまひとつ、実態が分かりません。

ところで、仙台市長選でWeb検索すると、「2009仙台市長選を見すごさない市民活動の会・ブログ」が上位表示されます。

ひまわりとトンボの写真とともに「太陽に真っ直ぐに向き合い、恥じることなく、すくっと立ち続ける向日葵のように。」
と公平中立を標榜していますが、管理者?『仙台選太郎』さんが自ら投稿している内容はといえば、

河北新報一色。

こちらは「偏人」さんなのでしょうか?それとも便乗の売名行為?なのでしょうか。
公正中立を標榜するのならば、奥山候補一辺倒の河北新報の記事だけを紹介するのではなく、せめて、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の記事も紹介してはどうでしょう。有権者の中には、参考にしている人もいると思います。東スポには、仙台市長選の記事は載らないと思いますので。


PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: