忍者ブログ

[PR]

2018年02月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

梅原 仙台 市長批判の裏は

2009年04月21日

 仙台市長選が近づいているが、河北新報社の梅原市長に対するネガティブキャンペーンがいまだ、収まる気配がない。選挙の公平性を阻害するほどに執拗に追い詰める理由は何なのか。4月21日掲載の河北Web版の記事をご覧いただきたい。

 最近は、こうした梅原市長批判の記事に嫌気がさして河北新報の購読を止めたというコメントが多数寄せられている。それにもかかわらず、同社が読者離れを押してまでタクシー問題で圧力をかけ続ける裏には何が潜んでいるのか。

 同社は梅原市長批判の記事の中で、石巻市長選における土井喜美夫氏の敗因について、タクシー券私的利用問題で逆風を受けた、と総括し、梅原市長のタクシー券問題もただ事ではない、という煽り方をしているが、土井前市長の場合、落選の理由はタクシー券問題だけではない。

 直近だけでも、香典問題、住宅手当問題、清掃業務委託に絡む不透明入札、産廃不法投棄等々、数多の疑惑が浮上した。

 タクシー券以外にも多数の敗因があるにもかかわらず、同社はあえて記事にしていない。

 このほかにも、土井市政では、一部の利害関係者だけで推進しようとした結果、とん挫したオラレ誘致の失敗や、巨額の委託費を設定して労基法違反の保育士派遣業務を特定のNPOに委託しようとしていた疑惑、幹部職員のコンプライアンス条例違反のパワハラ(パワーハラスメント)問題、青果市場の移転問題等々、数々の失政が選挙に影響した事実をあえて、記事にしていない。

 タクシー券問題に対する賛否のみに絞った調査方法か、あるいは、そのことだけを抽出した記事そのものが、梅原市長のタクシー問題に関連付けようとした意図的記事にみえてならない。梅原市長を叩くためには手段を選ばないかのようだ。

 記事では、最後に、市議(間違いなく仙台市議のことだと思うが)のコメントとして「この問題に対する市民の不信は、問題が発覚した当初には想像がつかなかったほど広がっている。石巻市長選の結果はそのことを物語る。梅原市長は問題を甘く考えている」と掲載しているが、仙台市議が土井市政の現実をどれだけ御存じだったのかという疑問が湧いてくる。

 コメントを口にするほど、事情に通じていたのか、という疑問と、それを特出して記事にした記者の意図がやはり、釈然としない。

 さらに付け加えるならば、市議の1人としか、表現されていないが、市議は公人である。取材に対する答えには、責任がある。発言の主をはっきりと記事に出来ないところをみると、市長選への出馬を狙っている噂の市議の発言をそのまま記事にしているように見える。

一方で、別の角度からみれば、タクシー券問題だけを強調し、梅原市長の実績に対する評価を一切報道しない姿勢は、ある意味、社会の公器たる新聞が、陰湿ないじめを扇動しているようにみえてならない。

 想像するに、利害の絡む特定の先鋭化した記者が、仙台市議会で市長選への出馬が囁かれている議員らに煽られ、独断と偏見に基づいた行動をとっているだけで、決して河北新報社が、社を上げて、このような報道を続けているものではないと信じるものではあるが、報道機関が政争の火種を煽り、有権者の判断を誤らせるようなネガティブキャンペーンを繰り返す愚かさを仙台市民は、どうみているのか。近く、アンケートをとってみたい。

PR
Comment
No title
新型インフルエンザが発生し、日本も含めて患者が発生したことは残念であるが、このような危機にいち早く対応したのが仙台市である。発生の一報が出た段階で地方自治体の対応として仙台市がクローズアップされた。
岩崎恵美子副市長を擁している仙台市はまさに危機対応に確実に対応している。
これは梅原市長の先を見る目の確かな証拠である。翌日の報道を検証すると県の対応の枠組みの中に小さくくくられていた。
やはり河北新報の意図がありありと見える扱いと半ばあきれた。
やっぱり仙台市民を守ることができるのは梅原市長をおいてほかには見当たらないと確信した。
ザ・石巻ニュースは良い視点で正しく判断していると感心させられた。
我々の知らないことをどんどん発信していただくようお願いしたい。
No title
shinobiさんの明快な分析力には脱帽です。なるほど納得です。記事を読んで考えて見ますと、梅原市長は確かにタクシー券のみを追求されていますね。逆を考えますと他に材料が無かった訳ですか?!仙台市にも水族館とかアンパンマン館?とか持ち上がっているようですが、そんなことよりもっと福祉政策等に力を入れていただき、多くの市民に、ささやかでいい、広く浅く支援をして欲しいものですね。
 また納得できる記事をお願いします。河北を読むよりずっと面白いです。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: