忍者ブログ

[PR]

2017年10月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ストーキング主査逮捕 続報

2008年09月14日

 

ストーカー主査続報 

仙台中央県税事務所の47歳になる主査の男が、20歳の女性に対するストーカー規制法違反と強要未遂の容疑で逮捕された事件(既報)で、どうして、主査が、この女性の水着写真を所持していたのか、なぜ、主査はその写真を女性の実家に送りつけようとしたのか、なぜ、女性はそれに怯えていたのか、いったいどんな水着写真なのか、ナゾが深まっていましたが、47歳の主査がつきまとっていた20歳女性会社員というのは、会社員であるとともに、風俗店のアルバイト従業員だったようです。

20歳の女性会社員の水着姿の写真を、どうして主査が所持していたのか?付き合いを断られている女性の水着写真をどうして手に入れることが出来たのか?盗撮であれば、なお悪質と不思議でしたが、何と、相手は風俗嬢だったということです。

風俗店といえば、水着?姿の写真が店のPR誌やホームページに掲載されているのがお約束ですから、主査は、女性会社員が登録していた風俗店のホームページのコピーを同封し 「実家や近所の人にばらすぞ、そうでなかったら連絡をよこせ」などと書いた手紙を女性の自宅に送ったり、携帯に約十回も電話して連絡を強要していたようです。

女性にしてみれば、そんなもの、実家や近所にばら撒かれたら大変困る水着写真だったのです。

そもそも河北新報の記事では、女性は会社員と掲載されていたので、20歳の女性と47歳公務員の接点がどこにあったのか、どうして付き合う前の女性の水着写真を所持していたのか、ナゾでしたが、単純に風俗店で知り合い、何が良かったのか、しつこくつきまとうようになったようです。

それにつけても、相手の弱みに付け込み、脅すという神経はどうなっていたのでしょう?主査が独身かどうかまでは記事になっていませんが、これでは、女性にもてないのもわかるような気がします。

まずは大事に至る前に逮捕されて良かったのですが、石巻市政も謎が深まるようなことばかりでなく、謎などない透明な行政運営をお願いしたいものです。一業者が有利になるような不透明な調達方法を無くすなど、市民全体のため、公明正大な行政運営が行われることをお願いしたいものです。

話もどって、某新聞には村井嘉浩知事のコメントが掲載されていました。

「県職員がこのような事件を引き起こしたことは誠に残念。再発の防止と県民の皆様の信頼回復に努める」

とのことです。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: