忍者ブログ

[PR]

2017年10月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無題

2012年06月06日
全国の人々が被災地の瓦礫と真剣に向き合っている。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/306195


「がれきと言いますが、私たちにとっては(中略)思い出の詰まった大切な物なのです」

女性の心の叫びが胸に刺さる。

 しかし、本件事案の渦中にある人物の目に映った瓦礫の山は、悲しいかな「金に化けるゴミ」でしかなかったのではないか。
 何しろ、自分たちが直接手をかけることなく、ボランティアの活動写真を使い回していたのだ。石巻市から随意契約でボランティアの管理調整費なるものを受け取り、ボランティアのカリスマ扱いでちやほやされる日々。もしも今、すべてが包み隠さずに打ち明けられるのならば、その罪は償われるだろう。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字