忍者ブログ

[PR]

2017年10月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

文化好きの議員さん増えた?

2010年10月07日

最近、石巻市の市議会は議員が活発である。議員さんが、市政発展のため、市民生活向上のため、一生懸命質問をしている。石巻市議会を傍聴していると、感心させられることしきりである。

市長が元大学教授ということもあってか、先生方もたいへんよく、勉強されているようで、とりわけ昨今は、文化や科学に関連した質問が多いように見えます。

特に、毛利コレクションについては、ある先生がたいへん、ご熱心です。

地盤の稲井沼津貝塚からの出土品が毛利コレクションに含まれているからなのでしょうか。地元の先生が、展示公開のために盛んに質問を行っています。

その働きかけもあってか、石巻市の歴史文化資料展示施設整備対策室では、毛利コレクションの展示に向けて、施設整備を推し進めています。

20年度には、施設整備のための基本設計業務のプロポーザルを行い、5社を指名したところ、このうち3社がプロポーザルに応じ、厳正なる選考の結果、業界大手の株式会社Tに344万6千円で委託されました。

22年5月には、実施設計業務の委託を行い、基本設計を受託した株式会社Tが2490万円で受託しています。基本設計業務も実施設計業務も同じT社が受託しました。

石 巻市は、毛利コレクションの展示にあたって、建設と資料展示に2億7千万円の予算を計画しており、発注先がどこになるのか、発注そのものの在り方も注目さ れているところですが、「ハコモノは、設計屋がすべてを握る。」なのだそうです。建設工事は、どこが受注することになるのか。議員さんが目を光らせていま す。

このほかにも、石巻市民会館の建設を声高に質問される議員さんもいるようです。市民会館の建設には約80億円必要と見込まれるそうです。80億円もの利権が、どのような形で発注されることになるのか、市民会館の建設をしきりに叫ぶ共産党議員さんの今後の活躍に注目です。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: